>

ヘッドや毛先の形を調べよう

口の大きさに合わせよう

これまでの歯ブラシでは磨きにくいと思っていた人は、ヘッドが大きすぎるのかもしれません。
特に女性は男性に比べて口が小さく、大きいヘッドだと奥まで歯ブラシが届きません。
もっと小さいヘッドの歯ブラシが売られているので、それを選択してください。
男性でも奥歯や歯の裏側など細かい部分を磨けるように、ヘッドが小さい歯ブラシを使っても良いと思います。

ただヘッドが小さい歯ブラシだと、1回に磨ける範囲が非常に狭くなります。
すると歯磨き全体の時間が長くなるので、時間をたっぷり確保してください。
お店で歯ブラシを見たり、ネットでチェックしたりする人がいると思います。
気になった歯ブラシがあれば使い、自分に合うのか確認しましょう。

水平や円形の毛先

基本的に歯ブラシの毛先は3種類に分けられ、円状、水平、テーパードという名前です。
円状や水平になっている毛先は歯の表面に付いた汚れを落としやすいので、虫歯予防をしたい人に好まれています。
歯磨きにまだ慣れていない子供に、毛先の歯ブラシを使わせても良いでしょう。

テーパードは毛先が細くなっており、細かい部分を磨きやすいです。
歯と歯茎の間の汚れをしっかり落として、歯周病を予防してください。
また現在歯周病になっている人も、しっかり歯を磨くことで症状の悪化を防げます。
歯茎が腫れている、歯を磨くと出血する人はテーパードの毛先を選択し、普段から歯周病を予防しましょう。
そのように、予防したい病気に合わせて選ぶのもおすすめです。


この記事をシェアする