>

購入する前に確認しよう

自分に合う毛先の固さ

最初は、毛先が普通の歯ブラシを選びましょう。
しばらく使って歯茎から血が出たり、歯が痛くなったりしなかったら毛先が固い歯ブラシを使っても構いません。
毛先が固い歯ブラシの特徴は、しっかり汚れを落とせる部分です。
虫歯予防には効果的ですが、歯茎や歯を傷つける恐れがあることを理解してください。

普通の歯ブラシを使って異変が見られたり、歯茎が腫れたりしている場合は、最初から柔らかい歯ブラシを選ぶことをおすすめします。
歯に傷がつくとバイ菌が侵入して、病気を引き起こすので注意してください。
丁寧にゆっくり磨けば、毛先が柔らかい歯ブラシでも十分口内を綺麗にできます。
口内環境を維持できるように、歯ブラシの正しい方法も覚えましょう。

1か月に1回は交換しよう

ずっと同じ歯ブラシを使い続けている人が見られますが、それではいけません。
歯ブラシは消耗品なので、1か月に1回は交換してください。
大体1か月くらいが経過すると、毛先がボロボロになっていきます。
その状態では正しく磨けませんし、口内を傷つけるので使わないでください。
まだ1か月が経過していなくても、毛先に異変が見られたら交換しましょう。

数週間で歯ブラシがボロボロになる人は、磨く力が強いと思われます。
歯にブラシを当てた時に毛先が広がって見える時は力が強いので、もっと抑えてください。
また歯ブラシには、目に見えない雑菌がたくさん付着しています。
洗っても落とせないので、こまめに交換することで清潔な状態を維持できます。


この記事をシェアする