自分にピッタリな歯ブラシの選び方

どんな歯ブラシが良いのか

購入する前に確認しよう

適当に歯ブラシを選択すると自分に合わず、汚れを綺麗に落とせません。 さらに口内を傷つけるだけになるので、慎重に歯ブラシを選択するように心がけてください。 まずは毛先の固さに注目して、様々な製品を比較しましょう。 口内を守るなら、柔らかい歯ブラシがおすすめです。

ヘッドや毛先の形を調べよう

お店で売られている歯ブラシは、それぞれによって形が大きく変わります。 自分に合う形を見つけることで、綺麗に歯を磨けるでしょう。 ヘッドの大きさや毛先の形を比べて、気になった歯ブラシは実際に使うことをおすすめします。 使って、気に入らなければ他の製品を試しましょう。

歯を磨くことが苦手な人

何回練習しても、歯をうまく磨けない人がいると思います。 そのような人は、電動歯ブラシを使ってください。 電動歯ブラシならどんな人でも、細かい部分まで磨けるので病気を予防できます。 どんな種類の電動歯ブラシがあるのか調べて、自分に合うものを買いましょう。

柔らかい歯ブラシが良い

製品を見ると、毛の固さには複数の種類があることに気づくと思います。
固めや普通、柔らかいとありますが、口内の汚れを落とすことを優先するなら毛先が固い歯ブラシを購入してください。
しかし固い歯ブラシは、口内を傷つけるリスクがあります。
ですから歯茎が弱っている人や、口内の病気を抱えている人は柔らかい歯ブラシを使いましょう。
弱い力で擦るだけでも、汚れを綺麗に落とせます。

ヘッドの大きさにもこだわって、歯ブラシを選択してください。
大きいサイズだと、口が小さい人は磨きにくいと感じるかもしれません。
歯ブラシ同士を比較すると、自分に合ったヘッドの歯ブラシを選択できます。
さらに歯ブラシを購入する時は、毛先の形に注目してください。
円形や水平などの種類だと、汚れを落としやすいと言われています。
毛先が細くなっている種類は、歯と歯の間、歯と歯茎の間など細かい部分を磨きやすいです。

手動で歯ブラシを動かすのが苦手な人は、電動歯ブラシを使うのが良い方法です。
電動歯ブラシの多くは、しっかり磨けるようにヘッドが小さく作られています。
ですから、口内の隅々の汚れを落とせるでしょう。
しかし正しい使い方をしないと、口内を傷つけるので気を付けてください。
事前に、使い方をしっかり確認しましょう。
また電動歯ブラシを使うと歯磨きの時間を短縮でき、忙しい人に向いていると言われています。
普通の電動歯ブラシの他に、音波を使った電動歯ブラシもあります。